メニューを開く 検索

透析患者の痒み、新薬候補で有意に改善

選択的κ-オピオイド受容体作動薬difelikefalin

2022年05月24日 17:39

16名の医師が参考になったと回答 

 新潟大学腎・膠原病内科学分野教授の成田一衛氏らは、日本人血液透析患者における中等度~重度瘙痒症の新たな治療選択肢として期待される選択的κ-オピオイド受容体作動薬difelikefalinの有効性と安全性を第Ⅱ相ランダム化比較試験で検討。difelikefalin 0.5μg/kgを週3回、8週間にわたり静脈内投与した群では、プラセボ群に比べて有意な瘙痒の改善が認められたとJAMA Netw Open2022 ;5 :e2210339)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  腎・泌尿器 »  透析患者の痒み、新薬候補で有意に改善