メニューを開く 検索 ログイン

新規配合注射薬、実臨床で2型糖尿病に有効

インスリン グラルギン+リキシセナチド、SPARTA Japan研究の結果を報告

2022年05月25日 05:05

26名の医師が参考になったと回答 

 持効型溶解インスリン製剤インスリン グラルギンとGLP-1受容体作動薬リキシセナチドの配合注射薬(商品名ソリクア、以下、iGlarLixi)が日本で発売されてから約2年。これまでに、経口血糖降下薬(OAD)投与による効果が不十分な日本人2型糖尿病患者を対象とした複数の第Ⅲ相ランダム化比較試験(RCT)において有効性や安全性が報告されているものの、臨床現場での知見は限られている。横浜市立大学大学院分子内分泌・糖尿病内科学教授の寺内康夫氏と北海道大学大学院糖尿病・肥満病態治療学分野教授の三好秀明氏は、実臨下におけるiGlarLixiの有効性と安全性を評価する多施設共同観察研究SPARTA Japanの結果を第65回日本糖尿病学会(5月12~14日)で報告。HbA1c値の有意な低下などが認められたという。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  新規配合注射薬、実臨床で2型糖尿病に有効