メニューを開く 検索 ログイン

加齢性の眼疾患、血糖降下薬でリスク低下

メトホルミンはDAG、インスリン・SU薬はAMDのリスク低下と関連

2022年05月26日 18:05

13名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 オランダ・Erasmus University Medical CenterのJoëlle E. Vergroesen氏らは、同国の大規模前向きコホートであるロッテルダム研究の参加者1万例超を対象に、糖尿病治療薬と開放隅角緑内障(OAG)、加齢黄斑変性症(AMD)、白内障との関連を検証。未治療2型糖尿病はOAG、AMD、白内障と関連すること、メトホルミン治療はOAGのリスク低下と、インスリンおよびスルホニル尿素(SU)薬治療はAMDのリスク低下と、それぞれ関連することをJAMA Ophthalmol2022年5月19日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  加齢性の眼疾患、血糖降下薬でリスク低下