メニューを開く 検索

禁煙継続に有効、rTMSなどの脳刺激療法

2022年05月26日 18:22

21名の医師が参考になったと回答 

 禁煙にはニコチン置換療法(NRT)などの介入法が有効であることは示されているが、長期的な効果は限定的である。こうした中、うつ病や疼痛などの新たな治療選択肢として普及しつつある反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)や経頭蓋直流電気刺激(tDCS)などの非侵襲的脳刺激(NIBS)の禁煙継続における有効性が複数の研究で示されている。フランス・University Hospital of DijonのBenjamin Petit氏らは、NIBSの長期的な禁煙継続効果について検討するため、システマチックレビューとメタ解析を実施。NIBSで3~6カ月間の禁煙率が改善する可能性が示されたとする解析結果をAddiction2022年4月25日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  呼吸器 »  禁煙継続に有効、rTMSなどの脳刺激療法