メニューを開く 検索 ログイン

骨髄炎などの難治性創傷はiSAPで治療可能か

2022年05月27日 05:00

6名の医師が参考になったと回答 

 血流の少ない骨軟部組織は抗菌薬を送達しにくく、感染症を起こした場合、治療に難渋することで知られる。近年、局所陰圧閉鎖療法(NPWT)に間欠的もしくは持続的な生理食塩水による洗浄を組み合わせるなど、さまざまな工夫が試みられており、continuous local antibiotics perfusion(CLAP)という新たなドラッグデリバリーシステムの有用性も明らかになりつつある。神戸大学医学部附属病院美容外科/神戸大学大学院形成外科学の桒水流(くわずる)健二氏らは、CLAPの一法、骨周囲の軟部組織を対象とするintra-soft tissue antibiotics perfusion(iSAP)を骨に至る創傷に単独で行った症例で有効性を検討。第65回日本形成外科学会(4月20〜22日)で報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

10日の参院選、投票に行きますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  骨髄炎などの難治性創傷はiSAPで治療可能か