メニューを開く 検索 ログイン

SGLT2阻害薬、心疾患へのクラス効果確認

2022年05月30日 05:00

33名の医師が参考になったと回答 

 糖尿病治療薬として開発されたSGLT2阻害薬。近年の大規模臨床試験において、糖尿病の有無にかかわらず心不全や慢性腎臓病に対して保護的に作用することが示されている。東京大学病院循環器内科教授の小室一成氏、佐賀大学環器内科教授の野出孝一氏らの研究グループは、レセプトデータベースを用いてSGLT2阻害薬6剤の循環器疾患に対する効果の差を解析。日本で承認されているSGLT2阻害薬の循環器疾患への作用がクラスエフェクトであることが示唆されたとCardiovasc Diabetol(2022; 21: 67)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  SGLT2阻害薬、心疾患へのクラス効果確認