メニューを開く 検索 ログイン

コロナ臓器障害にアミロイド形成が関与?

2022年05月30日 14:25

10名の医師が参考になったと回答 

 スウェーデン・Linköping UniversityのSofie NyströmとPer Hammarströmの両氏は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とアミロイド関連疾患に見られる症状の共通性に着目し、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)スパイク蛋白質のアミロイド形成性をin vitroで検討。その結果、SARS-CoV-2スパイク蛋白質にアミロイド形成性を示す7種類の配列を同定し、スパイク蛋白質の誤った折り畳み(ミスフォールディング)によるアミロイド形成がCOVID-19および後遺症であるLong COVIDにおける多様な症状の出現に関与することが示唆されたとJ Am Chem Soc2022; 144: 8945-8950)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  コロナ臓器障害にアミロイド形成が関与?