メニューを開く 検索

女性4人に1人が「激しい腹痛」を経験

急性腹症では急性肝性ポルフィリン症も念頭に

2022年05月30日 14:35

29名の医師が参考になったと回答 

 一般女性15万人および医師を対象とした腹痛に関する全国実態調査から、女性の27%が何もできなくなるほどの激しい腹痛を経験していることが分かった。調査を行ったアルナイラムジャパンが、5月26日に開催したメディアセミナーで発表した。急性腹症の診療については、医師の6割が「検査結果や所見と症状の強さが一致しない」「対応に苦慮する」と回答するなど、課題も浮き彫りとなった。セミナーに出席したJA尾道総合病院(広島県)病院長で日本病院総合診療医学会理事長の田妻進氏は「非特異的腹痛(NSAP)が3割を占める急性腹症には、急性肝性ポルフィリン症(AHP)のような希少疾患が含まれている可能性もある」と指摘。繰り返す腹痛に悩む患者に対し「総合診療科がゲートキーパーとしての役割を果たしていきたい」との意向を示した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  総合診療 »  女性4人に1人が「激しい腹痛」を経験