メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  リウマチ・膠原病 »  JAK阻害薬の休薬・減薬で重要な知見を提示

JAK阻害薬の休薬・減薬で重要な知見を提示

2022年05月31日 16:42

60名の医師が参考になったと回答 

 リウマチ性疾患の薬物療法においては、アンカードラッグであるメトトレキサート(MTX)を中心とし、時代とともにさまざまな機序を有する治療薬が開発され、活用されてきた。北里大学膠原病・感染内科学主任教授の山岡邦宏氏は、第119回日本内科学会(4月15~17日)でそれらの治療薬の有効性に触れながら、近年開発された関節リウマチ(RA)に対するヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬の減薬・休薬や安全性について解説。同薬の適切な使用に寄与する重要な知見を提示した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  リウマチ・膠原病 »  JAK阻害薬の休薬・減薬で重要な知見を提示