メニューを開く 検索

食道がんを検出する新規抗体G4B1を開発

2022年06月01日 16:02

9名の医師が参考になったと回答 

 がんの診断・治療に際しては、がん組織と正常組織を正確に区別することが極めて重要である。診断は主に熟練者による顕微鏡を用いた細胞や組織の形態的な判別に頼らざるをえなかった。しかし、がん組織と正常組織の中間のような性質を示す組織では、診断が難しいケースがしばしばあった。宮城県立がんセンター研究所がん幹細胞研究部の藤井慶太郎氏らの研究グループは、食道がんの大半を占める扁平上皮がんを特異的に検出できる新たな抗体G4B1の開発に成功したとCancer Sci2022年4月19日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  食道がんを検出する新規抗体G4B1を開発