メニューを開く 検索 ログイン

コロナ再感染、ハイブリッド免疫に予防効果

イスラエル・570万人超の解析結果

2022年06月01日 14:38

24名の医師が参考になったと回答 

 イスラエル・Technion-Israel Institute of TechnologyのYair Goldberg氏らは、同国保健省のデータベースに登録された570万人超のデータを解析し、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)への感染またはファイザー製ワクチン(トジナメラン)接種により獲得した免疫、または両者により獲得したハイブリッド免疫によるSARS-CoV-2再感染予防効果を検討。その結果、再感染予防効果は最後に免疫を獲得したイベント(感染またはワクチン接種)後の経過時間が長くなるほど減弱したが、ハイブリッド免疫を獲得した者では感染歴がないワクチン2回接種者と比べて効果減弱が少なかったとN Engl J Med2022年5月25日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]6月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  コロナ再感染、ハイブリッド免疫に予防効果