メニューを開く 検索 ログイン

免疫CP阻害薬関連1型糖尿病をMSCが抑制

2022年06月02日 05:05

5名の医師が参考になったと回答 

 幅広いがん種に対し使用されている免疫チェックポイント阻害薬は、自己免疫性の副作用を来すことが知られている。中でも同薬によって誘発される1型糖尿病では、インスリン産生細胞が傷害され血糖コントロールが極めて不良となり、合併症の進行など患者のQOLおよび予後に重大な影響を及ぼすが、有効な予防・治療法は確立されていない。大阪大学の堀谷恵美氏、同大学肥満脂肪病態学寄附講座講師の喜多俊文氏、同大学内分泌・代謝内科学教授の下村伊一郎氏らの研究グループは、ヒト脂肪組織由来間葉系幹細胞(hMSC)が産生するエクソソームなどの液性因子を介して、免疫チェックポイント阻害薬投与による1型糖尿病の発症を抑制しうることを動物モデルで見いだした。研究の詳細はDiabetologia (2022年5月5日オンライン版)に掲載された。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  免疫CP阻害薬関連1型糖尿病をMSCが抑制