メニューを開く 検索 ログイン

内分泌疾患を発見するポイントを徹底解説!

褐色細胞腫、先端巨大症、クッシング症候群の特徴とは

2022年06月02日 17:09

60名の医師が参考になったと回答 

 糖尿病における耐糖能障害の原因として内分泌疾患が潜在しているケースがあり、その的確な抽出と診断は患者の予後やQOLの改善に大きく寄与する。しかし、内分泌疾患の合併はまれであることから糖尿病患者全例へのスクリーニングは推奨できず、見逃しを防ぐには疾患を特定するための特徴や症状を熟知することが重要である。神戸大学病院糖尿病・内分泌内科講師の福岡秀規氏は第65回日本糖尿病学会(5月12~14日)で、二次性糖尿病を呈する内分泌疾患のうちから褐色細胞腫、先端巨大症、クッシング症候群について、自験例を紹介しながら発見するためのポイントを解説。「特に病歴と身体所見に注目してほしい」と訴えた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  学会レポート »  内分泌疾患を発見するポイントを徹底解説!