メニューを開く 検索 ログイン

日本版敗血症診療GLバンドル版を公開

2022年06月02日 16:59

14名の医師が参考になったと回答 

 日本集中治療医学会と日本救急医学会は5月18日、両学会が合同で作成した『日本版敗血症診療ガイドライン2020』(以下、同GL)のバンドル版を公式サイトで公表した。

 時間の経過とともに進行する敗血症に対応するため、感染症および臓器障害の疑い例には「迅速評価と初期治療バンドルを行う」、敗血症疑い例には「初期治療バンドルを直ちに開始する」とし、手順とバイタルサインや検査の測定項目、治療内容のバンドルを提示している。

 両学会はこれまで、同GLとは別にダイジェスト版、アプリ版、英語版を作成。バンドル版に関してもパブリックコメントを募集・反映し、今回の公表に至った。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  短報 »  日本版敗血症診療GLバンドル版を公開