メニューを開く 検索

CBP/β-catenin阻害薬、肝硬変で有望な結果

PRI-724の国内医師主導臨床試験

2022年06月06日 05:00

57名の医師が参考になったと回答 

 ウイルス性肝炎は進行すると肝細胞壊死に続いて肝線維化が起こり、線維化の進展とともに肝硬変に至る。肝硬変患者では肝不全への進行や肝細胞がんの発症が大きな問題となるため、これらの抑制につながる治療薬の開発が望まれている。がん・感染症センター都立駒込病院肝臓内科部長の木村公則氏らは、B型肝炎ウイルス(HBV)またはC型肝炎ウイルス(HCV)に起因する肝硬変の患者を対象に、抗線維化作用が示唆されているCREB結合蛋白質(CBP)/β-catenin阻害薬PRI-724の安全性と有効性を評価するため、医師主導による多施設共同のオープンラベル非ランダム化比較第Ⅰ/Ⅱa相試験を実施。PRI-724投与後に肝生検に基づく肝組織線維化面積の減少は認められなかったが、FibroScanで測定した肝硬度の低下が示され、一部の患者ではChild-Pugh分類がBからAに改善するなど、有望な結果が得られたことをEBioMedicine(2022年5月20日オンライン版)で報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  薬剤情報 »  CBP/β-catenin阻害薬、肝硬変で有望な結果