メニューを開く 検索

少しの運動習慣でもロコモの保護因子に

程度別に関連因子を検証

2022年06月09日 17:10

142名の医師が参考になったと回答 

 運動器の障害に伴う移動機能の低下(ロコモティブシンドローム)は若年層でも生じうるため、早期の対策が求められる。埼玉県立大学准教授/東京大学病院整形外科でロコモチャレンジ!協議会委員の山田恵子氏らは、ロコモ度1~3に関連する因子について全国的な調査を行い、結果を第95回日本整形外科学会(5月19~22日)で報告。少しの運動習慣でも保護因子になることを明らかにした。なお、詳細はBMC Geriatr(2021; 21: 651)に発表されている。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  その他診療領域 »  少しの運動習慣でもロコモの保護因子に