メニューを開く 検索

大腸腺腫検出能が将来のがんリスクを左右

2022年06月09日 18:25

194名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 米・Kaiser Permanente Bernard J. Tyson School of MedicineのJoanne E. Schottinger氏らは、医師の内視鏡検査における腺腫検出率と検査後の結腸直腸がん発症リスクとの関連を検討するため、内視鏡検査でがんが検出されなかった73万5,396例を対象に後ろ向きコホート研究を実施。その結果、腺腫検出率が高い医師による大腸内視鏡検査を受けた人では、検査後に結腸直腸がんを発症するリスクおよび結腸直腸がんで死亡するリスクが有意に低いことが示されたと、JAMA(2022年6月7日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  大腸腺腫検出能が将来のがんリスクを左右