メニューを開く 検索

社会的孤立は灰白質量減少を介し認知症と関連

2022年06月09日 18:14

158名の医師が参考になったと回答 

 社会的孤立や孤独は深刻であるにもかかわらず、十分に認識されていない公衆衛生上の問題だ。中国・復旦大学のChun Shen氏と英・University of Cambridge、英・University of Warwickの研究グループは、社会的孤立や孤独と認知症発症の関連を検討する目的で、英国のUK Biobankコホートを対象とした12年間の追跡調査を実施。その結果、社会的孤立は認知症発症リスクを26%高めること、社会的孤立は脳の灰白質量の減少を介して認知症発症に関連することをNeurology (2022年6月8日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  社会的孤立は灰白質量減少を介し認知症と関連