メニューを開く 検索 ログイン

GIP/GLP-1受容体作動薬、単剤・併用で有効

日本人2型糖尿病患者対象の第Ⅲ相試験2件の結果を報告

2022年06月10日 16:24

245名の医師が参考になったと回答 

 グルコース依存性インスリン分泌刺激ポリペプチド(GIP)およびグルカゴン様ペプチド(GLP)-1受容体作動薬tirzepatide(TZP)は、現在日本などで承認申請中の新クラス2型糖尿病治療薬である。京都大学大学院糖尿病・内分泌・栄養内科学教授の稲垣暢也氏と九州大学大学院病態制御内科学教授の小川佳宏氏は、日本人2型糖尿病患者を対象に同薬の有効性と安全性を評価する第Ⅲ相試験SURPASS J-monoおよびSURPASS J-comboの結果を第65回日本糖尿病学会(5月12~14日)で発表。TZPの単剤療法および併用療法のいずれも、血糖コントロールの改善や体重減少などが認められ、安全性も示されたと報告した(関連記事「チルゼパチド、成人2型糖尿病治療薬として米で承認」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  GIP/GLP-1受容体作動薬、単剤・併用で有効