メニューを開く 検索

脇汗の受診率は1割未満

重症の原発性腋窩多汗症を対象意識・実態調査

2022年06月11日 05:00

224名の医師が参考になったと回答 

 原発性腋窩多汗症いわゆる脇汗は、多量の発汗による衣服の染みやにおいが気になるなど、日常生活に支障を来しQOLの低下を招く。国内の患者数は約530万人、経済的損失は年間3兆円を超すと推計される(J Dermatol 2021 ;48:1482-1490)。2020年には新たに外用抗コリン薬が世界に先駆けて日本で承認されるなど、原発性腋窩多汗症の治療選択肢は広がっている。6月7日に科研製薬が開催したセミナーで、池袋ふくろうクリニック(東京都)院長の藤本智子氏は、同疾患の最新の治療法を解説。また、同社が重症の原発性腋窩多汗症の人を対象に実施した意識・実態調査結果から、受診率は1割未満と極めて低いことなどが示されたと報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  皮膚 »  脇汗の受診率は1割未満