メニューを開く 検索

酷暑と極寒で早産リスクが上昇

2022年06月15日 05:05

437名の医師が参考になったと回答 

 早産は新生児が在胎37週未満で生まれることを指し、2014年における世界の早産件数は推定1,484万件、中国では全出産数の6.9%に当たる117万件に上るとされる。中国・Sun Yat-sen UniversityのMeng Ren氏らは、同国の単胎児を対象に気温が早産に及ぼす影響を前向きに検証する多施設コホート研究を実施し、Lancet Regional Health(2022年5月31日オンライン版)に発表。妊娠期間中に酷暑および極寒にさらされると、早産リスクが高まると報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  臨床医学 »  酷暑と極寒で早産リスクが上昇