メニューを開く 検索
Oncology Tribune

BR療法へのイブルチニブ上乗せでPFS延長

2022年06月15日 16:01

661名の医師が参考になったと回答 

 未治療の高齢マントル細胞リンパ腫(MCL)患者では集中化学療法や造血幹細胞移植(SCT)の適応とならず、化学免疫療法が標準療法となる。米・University of Texas MD Anderson Cancer CenterのMichael L. Wang氏らは、ベンダムスチン+リツキシマブ(BR療法)へのブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害薬イブルチニブの上乗せ効果をプラセボと比較する第Ⅲ相ランダム化比較試験SHINEを実施。無増悪生存(PFS)の有意な延長が認められたことを米国臨床腫瘍学会(ASCO 2022、6月3〜7日)で報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  BR療法へのイブルチニブ上乗せでPFS延長