メニューを開く 検索

血液検体解析で大腸がん術後治療例を選別

ステージⅡ大腸がん対象のDYNAMIC試験

2022年06月15日 15:33

678名の医師が参考になったと回答 

 ステージⅡ大腸がん患者の術後管理に血中循環腫瘍DNA(ctDNA)のリキッドバイオプシーを活用することで、術後補助化学療法が有効な患者を特定し、不要な治療を回避できる可能性が示された。オーストラリア・Walter and Eliza Hall Institute of Medical ResearchのJeanne Tie氏らが、大腸がん患者455例を対象に第Ⅱ相多施設ランダム化比較試験DYNAMICで検討した結果、標準の臨床病理学的基準により判断する場合と比べ、術後補助化学療法の対象をctDNA陽性例のみに限定することで、再発リスクを高めることなく化学療法の施行件数を減少できたとN Engl J Med2022年6月4日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  血液検体解析で大腸がん術後治療例を選別