メニューを開く 検索
Oncology Tribune

多発性骨髄腫、RVD+ASCTでPFS延長

OSは有意差なし、第Ⅲ相試験DETERMINATION

2022年06月16日 05:05

274名の医師が参考になったと回答 

 骨髄腫治療が進展する中、標準治療としての幹細胞移植の立ち位置が変化しつつある。米国で実施された非盲検第Ⅲ相ランダム化比較試験DETERMINATIONでは、未治療の多発性骨髄腫(NDMM)に対するレナリドミド+ボルテゾミブ+デキサメタゾンの3剤併用(RVD療法)を対照にRVDによる導入療法+自家幹細胞移植(ASCT)の有効性と安全性を比較。ASCT併用は全生存(OS)に影響を及ぼさなかったものの、無増悪生存(PFS)は有意に延長したことを、米・Dana-Farber Cancer InstituteのPaul G. Richardson氏が米国臨床腫瘍学会(ASCO 2022、6月3〜7日)で報告した。フランスを中心に実施された第Ⅲ相試験IFM 2009(関連記事「多発性骨髄腫治療に幹細胞移植は必要?」)の結果を追認するもので、詳細はN Engl J Med2022年6月5日オンライン版)に同時掲載された。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  多発性骨髄腫、RVD+ASCTでPFS延長