メニューを開く 検索

円形脱毛症に経口JAK阻害薬を承認

米FDA、初の全身治療薬

2022年06月16日 17:03

354名の医師が参考になったと回答 

 米食品医薬品局(FDA)は6月13日、米国で年間30万人以上が発症し、治療法が限られている重度の円形脱毛症(AA)に対する初の全身治療薬として、経口ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬バリシチニブを承認したと発表。同薬はブレークスルーセラピー(画期的治療薬)に指定されていた。日本において同薬は、2017年に関節リウマチを適応症として承認を取得し、アトピー性皮膚炎、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による肺炎の適応も取得している(関連記事「JAK阻害薬が円形脱毛症の有望株に浮上」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  皮膚 »  円形脱毛症に経口JAK阻害薬を承認