メニューを開く 検索

デング熱ワクチン候補、入院を84%抑制

TAK-003、発症は61%抑制

2022年06月17日 05:00

500名の医師が参考になったと回答 

 武田薬品工業は6月9日、新たに開発したデング熱ワクチン候補(TAK-003)の有効性および安全性の評価を目的とするグローバル第Ⅲ相試験Tetravalent Immunization against Dengue Efficacy Study(TIDES)を完了したと報告。TAK-003接種後の4年半(54カ月)で接種前の血清反応を問わずデングウイルス感染症(VCD)に関連する入院を84%、VCD発症を61%抑制し、安全性についても重要なリスクが認められなかったとの結果を第8回北欧渡航医学会(NECTM、6月8~10日)で発表した(関連記事「2014年,約70年ぶりのデング熱国内流行」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  デング熱ワクチン候補、入院を84%抑制