メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

HER2 低発現・転移性乳がんにT-DXdが有効

国際第Ⅲ相試験DESTINY-Breast04

2022年06月17日 05:00

360名の医師が参考になったと回答 

 米・Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのShanu Modi氏らは、ホルモン受容体(HR)陽性HER2低発現の転移性乳がん患者557例を対象に、抗HER2抗体薬物複合体トラスツズマブ デルクステカン(T-DXd)と化学療法の有効性と安全性を比較する国際共同第Ⅲ相非盲検ランダム化比較試験DESTINY-Breast04を実施。T-DXdは、無増悪生存(PFS)および全生存(OS)が有意に延長したと米国臨床腫瘍学会(ASCO 2022、6月3~7日)で発表、詳細はN Engl J Med(2022年6月5日オンライン版)に同時掲載された。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  HER2 低発現・転移性乳がんにT-DXdが有効