メニューを開く 検索 ログイン

生活習慣病による認知症リスクは遺伝要因の3倍

2022年06月20日 17:00

393名の医師が参考になったと回答 

 心代謝性疾患の多疾病罹患(cardiometabolic multimorbidity)とは、糖尿病、脳卒中、心筋梗塞のうち2つ以上の罹患歴を有する状態を指し、有病率が急速に上昇している。英・University of OxfordのXin Y. Tai氏らは、UK Biobankコホートから抽出した60歳以上の20万人超を前向きに約12年追跡。「心代謝性疾患の多疾病罹患を有する集団の認知症発症リスクは、遺伝的に認知症リスクが高い集団の3倍である」との結果をLancet Healthy Longev2022; 3: e428-e436)に発表した。既知の遺伝的リスクの有無にかかわらず、認知症リスクを低減する上で心代謝性疾患の多疾病罹患を標的とすることの重要性を指摘している。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  生活習慣病による認知症リスクは遺伝要因の3倍