メニューを開く 検索 ログイン

蛋白質とRNAの凝集体がDNA異常を誘導

2022年06月21日 05:00

433名の医師が参考になったと回答 

 紫外線や抗がん薬、低温刺激などでDNAが損傷を受けた際のストレス応答の仕組みが研究されてきた。東京大学大学院の安原崇哲氏らは、ストレス下の細胞では核小体中に蛋白質とRNAの凝集体が形成され、空間的に活性化遺伝子領域に近づくことで機能異常な融合蛋白質が形成されるとの研究結果をMolecular Cell(2022年6月2日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  蛋白質とRNAの凝集体がDNA異常を誘導