メニューを開く 検索 ログイン

NAFLDのCVD発症因子と新規治療薬への期待

選択的PPARαモジュレーターの多施設共同試験結果

2022年06月21日 17:21

1210名の医師が参考になったと回答 

 非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)では、トリグリセライド(TG)やLDLコレステロール(LDL-C)が高値の症例が多く、脂質異常症を背景として心血管疾患(CVD)を合併するケースも少なくない。横浜市立大学肝胆膵消化器病学/横浜市立大学附属病院国際臨床肝疾患センター准教授の米田正人氏は第58回日本肝臓学会(6月2~3日)で、医療ビッグデータにより得られたNAFLDとTGおよびCVDの関連性を提示。その上で、多施設共同試験からうかがわれる選択的PPARαモジュレーター(SPPARMα)ペマフィブラートの有用性を報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  NAFLDのCVD発症因子と新規治療薬への期待