メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  敗血症へのビタミンC静注で死亡リスク増加

敗血症へのビタミンC静注で死亡リスク増加

2022年06月21日 17:00

1024名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 カナダ・Université de SherbrookeのFrançois Lamontagne氏らは、集中治療室(ICU)に入室し昇圧薬治療を受けている敗血症患者872例を対象に、ビタミンC(VC)の静注が死亡および臓器機能障害のリスクを低減させるかどうかを検討する第Ⅲ相多施設共同ランダム比較試験(RCT)LOVITを実施した。その結果、VCを静注した患者では、プラセボを投与した患者よりも28日後の死亡または持続的な臓器機能不全のリスクが高いことが示されたとN Engl J Med(2022年6月15日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

内臓脂肪減少薬アライがダイレクトOTCとして発売、懸念点は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  敗血症へのビタミンC静注で死亡リスク増加