メニューを開く 検索 ログイン

胎児の性と妊娠予後の関連を検証

国内94万人超のビッグデータを解析

2022年06月22日 16:00

804名の医師が参考になったと回答 

 胎児の性が妊娠経過に及ぼす影響に着目した研究は、これまで欧米を中心に行われてきた。しかし、胎児の性と妊娠合併症である妊娠高血圧症候群、癒着胎盤、常位胎盤早期剝離などのリスクとの関連については明らかでなく、双胎妊娠に関する報告も少ない。そこで、国立成育医療センター周産期・母性診療センター産科医長の小川浩平氏らは、日本産科婦人科学会(JSOG)の周産期データーベースを用い、胎児の性と妊娠予後の関係について解析。単胎妊娠と双胎妊娠それぞれの結果をSci Rep(2020; 10: 18810)およびArch Gynecol Obstet(2022年5月27日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  女性疾患・周産期 »  胎児の性と妊娠予後の関連を検証