メニューを開く 検索 ログイン

MOG抗体関連疾患、全国初の疫学調査

推定患者数は1,695人

2022年06月22日 17:05

1175名の医師が参考になったと回答 

 東北医科薬科大学老年神経内科学の中村正史氏らの研究グループは、ミエリンオリゴデンドロサイト糖蛋白(MOG)抗体関連疾患(MOGAD)の患者数把握などを目的に、全国初となる疫学調査を実施。結果を第63回日本神経学会(5月18~21日)で発表し、日本でのMOGADの推定患者数は1,695例で、粗有病率は人口10万人当たり1.34人、粗罹患率は10万人当たり0.39人・年と推計されると報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  MOG抗体関連疾患、全国初の疫学調査