メニューを開く 検索 ログイン

腎移植を受けた医師が語る「患者の声が持つ力」

腎臓内科医の体験談

2022年06月23日 17:25

466名の医師が参考になったと回答 

「自分自身の疾患をめぐる経験、医療と医療スタッフに対して今後期待することを、患者さん自身の言葉で存分に語っていただく場を設けたい」−。第65回日本腎臓学会総会長を務める神戸大学大学院腎臓内科学教授の西慎一氏肝入りの総会長特別企画「慢性腎臓病(CKD)患者さんの声に耳を傾けてみよう」では、生体腎移植を受けた経験を持つ腎臓内科医で佐久総合病院(長野県)腎臓内科副部長の村上穣氏が登壇。自身の疾患をめぐるさまざまな葛藤から見いだした患者の声が持つ力と、これからの医療および臨床研究が目指すべき患者の力を生かした医療者との協働について述べた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  腎・泌尿器 »  腎移植を受けた医師が語る「患者の声が持つ力」