メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  高齢者 »  「巣ごもり」対策、かかりつけ医の活用を

「巣ごもり」対策、かかりつけ医の活用を

2022年06月23日 05:00

432名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の蔓延防止対策として不要な外出への自粛が要請され、人とつながる機会が減少する「巣ごもり」(ステイホーム)が大きな話題となった。特に高齢者の巣ごもりは、身体機能の低下やフレイルのリスクが懸念されることから、早急な介入が求められる。生きいき診療所・ゆうき(茨城県結城市)院長の荒井康之氏は第64回日本老年医学会(6月2~4日)で、巣ごもり対策としてかかりつけ医の活用を提案した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  高齢者 »  「巣ごもり」対策、かかりつけ医の活用を