メニューを開く 検索 ログイン

80代への心房細動アブレーションは安全かつ有効

2022年06月23日 17:35

595名の医師が参考になったと回答 

 肺静脈隔離術(PVI)は症候性心房細動の一次治療として確立されているが、超高齢患者におけるエビデンスは十分とは言い難い。日本医科大学病院循環器内科講師の淀川顕司氏らは、同院の80歳以上の心房細動患者108例を対象に、心房細動に対するアブレーションの有効性および安全性を検討。その結果、1年後の洞調律維持率は73.6%で、合併症は2.7%に生じたが、いずれも後遺症なく退院に至ったことから、安全かつ有効だと、第68回日本不整脈心電学会(6月8~11日)で発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  高齢者 »  80代への心房細動アブレーションは安全かつ有効