メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  耳鼻咽喉 »  難治化しやすいめまい、クリニックでの対応法

難治化しやすいめまい、クリニックでの対応法

気を付けたい3疾患を解説

2022年06月23日 17:37

869名の医師が参考になったと回答 

 耳鼻咽喉科クリニックにおいて、めまいは他の耳鼻科疾患と比べ診察時間が長くなる傾向があり、難治性めまいへの対応に難渋する場合も少なくない。船曳耳鼻咽喉科・めまいクリニック(神戸市)院長の船曳和雄氏は、第123回日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会(5月25~28日)で難治性となりうる良性発作性頭位めまい症(BPPV)、前庭性発作症(Vestibular Paroxysmia;VP)、頸性めまいの3疾患について、クリニックで行う診療法を解説した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

内臓脂肪減少薬アライがダイレクトOTCとして発売、懸念点は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  耳鼻咽喉 »  難治化しやすいめまい、クリニックでの対応法