メニューを開く 検索 ログイン

難治化しやすいめまい、クリニックでの対応法

気を付けたい3疾患を解説

2022年06月23日 17:37

817名の医師が参考になったと回答 

 耳鼻咽喉科クリニックにおいて、めまいは他の耳鼻科疾患と比べ診察時間が長くなる傾向があり、難治性めまいへの対応に難渋する場合も少なくない。船曳耳鼻咽喉科・めまいクリニック(神戸市)院長の船曳和雄氏は、第123回日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会(5月25~28日)で難治性となりうる良性発作性頭位めまい症(BPPV)、前庭性発作症(Vestibular Paroxysmia;VP)、頸性めまいの3疾患について、クリニックで行う診療法を解説した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  耳鼻咽喉 »  難治化しやすいめまい、クリニックでの対応法