メニューを開く 検索 ログイン

加齢黄斑変性へのラニビズマブ、9割がPDSを希望

2022年06月23日 17:15

293名の医師が参考になったと回答 

 米・Retinal ConsultantsのMargaret A. Chang氏らは、脈絡膜新生血管を伴う加齢黄斑変性(nAMD)の患者を対象に、抗血管内皮増殖因子(VEGF)薬ラニビズマブの有効性および安全性について、投与経路別にポートデリバリーシステム(PDS)と硝子体内注射を比較した第Ⅲ相非盲検ランダム化比較試験Archwayの探索的解析を実施。その結果、ラニズマブによる治療満足度は両者ともに高いことが示された。さらに、PDSによる投与を受けた患者の93.2%は硝子体内注射よりPDSの方が良いと回答したとの結果をJAMA Ophthalmol(2022年6月16日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »   »  加齢黄斑変性へのラニビズマブ、9割がPDSを希望