メニューを開く 検索 ログイン

塩野義製薬、承認結論持ち越し 国産コロナ飲み薬、公開審議へ―厚労省〔時事メディカル〕

2022年06月23日 09:00

224名の医師が参考になったと回答 

 厚生労働省は22日、薬事・食品衛生審議会の専門部会を開き、塩野義製薬が開発する新型コロナウイルスの飲み薬「ゾコーバ」の承認可否を審議した。その結果、「さらに慎重に議論を重ねる必要がある」として結論を持ち越し、後日開催する公開審議で改めて議論した上で判断することを決めた。

 緊急時に医薬品の速やかな実用化を目指す新制度「緊急承認」の適用を判断する初の審議として注目されていた。承認されれば、国内の軽症者向けの飲み薬としては3種類目で、国産としては初めてとなる。

 1~2月に約430人を対象にした臨床試験(治験)では、ウイルス量の減少を確認。一方で疲労感や頭痛など計12の総合的症状では明確な効果は認められず、有効性を示すデータが不十分との指摘もされていた。

 厚労省によると、非公開で行われた部会では、委員から「治療の選択肢を持つことが重要」と支持する意見が出た一方、「経口薬としては3種類目となり、新規性がない」など否定的な意見も寄せられたという。

(2022年6月23日 時事メディカル)

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  時事メディカル »  塩野義製薬、承認結論持ち越し 国産コロナ飲み薬、公開審議へ―厚労省〔時事メディカル〕