メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  難治てんかん治療に新たな希望

難治てんかん治療に新たな希望

Volume-basedラジオ波てんかん焦点温熱凝固術

2022年06月24日 17:25

864名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 国立精神・神経医療研究センター(NCNP)病院脳神経外科の高山裕太郎氏(現・横浜市立大学病院脳神経外科)らは、島弁蓋部てんかんに対する新たな治療法としてVolume-basedラジオ波てんかん焦点温熱凝固術(RFTC)を提案し、小児例に施行。その結果、良好な治療成績が得られたことをOper Neurosurg2022年6月14日オンライン版)に発表した。Volume-based RFTCは、これまで治療が難しいとされてきた島弁蓋部てんかんに対する有効な治療選択肢となりうる。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  難治てんかん治療に新たな希望