メニューを開く 検索

日本の統合失調症の最新有病率が明らかに

3万人超対象の大規模調査

2022年06月24日 17:30

999名の医師が参考になったと回答 

 日本における統合失調症の生涯有病率は、1940~1970年代に実施された疫学調査から0.19~1.79%と推定されている。しかしその後、大規模な疫学調査は行われていなかった。住友ファーマの馬塲健次氏、順天堂大学大学院精神医学講座主任教授の加藤忠史氏らの研究グループは、2019年に日本を含む12カ国で実施された大規模オンライン調査に参加した日本人3万人超のデータを解析。日本の統合失調症の生涯有病率は0.59%と推定されたとの結果をBMC Psychiatry (2022;22:410)に報告した。統合失調症患者のうち抑うつ症状や睡眠障害、不安障害がある者では、これらの問題がない者と比べて健康関連QOL(HRQoL)および労働生産性が低く、労働生産性の低下に起因した間接費用はほぼ2倍であることなども明らかになった。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  精神疾患 »  日本の統合失調症の最新有病率が明らかに