メニューを開く 検索

腹膜透析患者の在宅運動療法、継続のコツ

2022年06月27日 17:06

602名の医師が参考になったと回答 

 腹膜透析(PD)は在宅で透析が行えることから、1カ月に1回程度と通院回数が少なくて済むが、運動療法に関しては医療従事者の監視下で行えず、直接指導を受ける機会も少なくなる。桜美林大学芸術文化学群特任講師/日本赤十字社医療センターの渡辺久美氏は、第12回日本腎臓リハビリテーション学会(3月26〜27日)で講演。「PD患者の在宅運動療法を成功させるには、患者のライフスタイルを踏まえ、どのような運動が可能かを十分に検討することが重要であり、カテーテルや貯留液に対する配慮も必要となる」と呼びかけた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  腎・泌尿器 »  腹膜透析患者の在宅運動療法、継続のコツ