メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  経口JAKウパダシチニブはクローン病にも有効

経口JAKウパダシチニブはクローン病にも有効

12週時の臨床的寛解率、約40%

2022年06月27日 17:10

649名の医師が参考になったと回答 

 JAK阻害薬ウパダシチニブは、日本では関節リウマチ(RA)、関節症性乾癬、強直性脊椎炎、アトピー性皮膚炎に適応を取得しているが、炎症性腸疾患(IBD)である潰瘍性大腸炎(UC)、クローン病(CD)に対する有効性および安全性も検証が進められている。米・Icahn School of Medicine at Mount SinaiのJean-Frederic Colombel氏は米国消化器病週間(DDW 2022、5月21〜24日)で、CDに対するウパダシチニブの有効性および安全性を検証した第Ⅲ相臨床試験U-EXCEEDの結果を報告。「投与12週で中等度〜重度CDにおいて約40%の臨床的寛解率が得られた」と述べた。(関連記事:「経口JAK阻害薬-その幅広い恩恵 」

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  経口JAKウパダシチニブはクローン病にも有効