メニューを開く 検索

抗Aβ抗体lecanemabが医療費減らす可能性

2022年06月27日 17:13

712名の医師が参考になったと回答 

 エーザイは6月22日、早期アルツハイマー病(AD)に対する抗アミロイドベータ(Aβ)抗体lecanemabの潜在的な経済価値について推算した結果をNeurol Ther2022年6月20日オンライン版)に報告した。ベースラインから病態が進行するまでの期間を解析した結果、標準治療(SoC)群と比べ、SoCにlecanemabを上乗せした併用群では軽度ADへの進行を2.51年、中等度ADへの進行を3.13年、高度ADへの進行を2.34年遅らせる可能性が示唆された。さらに、医療費削減効果についての解析では、lecanemab併用群では質調整生存年(QALY)が0.61延長し、総費用8,707ドル(約117万円)の減少をもたらすと推計された。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  抗Aβ抗体lecanemabが医療費減らす可能性