メニューを開く 検索

心血管疾患・がん予防サプリ、また推奨せず

USPSTFが勧告を改訂

2022年06月28日 05:00

452名の医師が参考になったと回答 

 米国予防医学専門委員会(USPSTF)は、心血管疾患やがんの予防を目的としたビタミン、ミネラル、マルチビタミンのサプリメント摂取について2014年に発表した勧告を改訂するため、新たなエビデンスを評価した。その結果、妊娠していない成人米国民において心血管疾患やがん予防を目的とする、βカロテンまたはビタミンEのサプリメントの摂取は「推奨しない(Grade:D)」、マルチビタミンのサプリメントの摂取は「利益と害を評価するためのエビデンスが不十分である(Grade:I statement)」と結論し、2014年の勧告から変更しないことを、JAMA2022; 327:2326-2333)に発表した(関連記事「サプリに心血管疾患・がんの初発予防の益なし」「CVD・がん予防のためのビタミンE使用『勧めない』」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  心血管疾患・がん予防サプリ、また推奨せず