メニューを開く 検索

妊婦へのワクチン接種で出生児の感染リスク低下

2022年06月28日 16:31

822名の医師が参考になったと回答 

 1歳未満の乳児では新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化リスクが高いことが報告されているが、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチン接種の対象年齢に達していないため予防は難しいのが現状だ。こうした中、ノルウェー・Norwegian Institute of Public HealthのEllen Ø. Carlsen氏らは、妊娠中にSARS-CoV-2ワクチンを接種した女性から生まれた小児では、生後4カ月間のSARS-CoV-2の感染リスクが低かったとする住民ベースのコホート研究結果をJAMA Intern Med(2022年6月1日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  妊婦へのワクチン接種で出生児の感染リスク低下