メニューを開く 検索

切除不能進行肝細胞がんの第一選択薬を検証

アテゾリズマブ+ベバシズマブ vs. レンバチニブ、実臨床の治療成績は?

2022年06月29日 16:35

694名の医師が参考になったと回答 

 切除不能進行肝細胞がん(HCC)の一次治療における第一選択は、抗PD-L1抗体アテゾリズマブ+ベバシズマブ併用療法である。適応がない場合はソラフェニブ、レンバチニブが用いられるが、アテゾリズマブ+ベバシズマブとレンバチニブを直接比較する試験は行われていない。大阪大学大学院消化器内科学の前阪和城氏は、切除不能進行HCCの一次治療におけるアテゾリズマブ+ベバシズマブとレンバチニブの治療成績を比較検討し、結果を第58回日本肝臓学会(6月2~3日)で発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  切除不能進行肝細胞がんの第一選択薬を検証