メニューを開く 検索

皮膚寄生虫妄想の特徴と対応を解説

2022年06月29日 17:11

965名の医師が参考になったと回答 

 皮膚に小さな虫や病原体などが寄生し、体を蝕んでいるという感覚に陥る「皮膚寄生虫妄想」や、発疹にそぐわない感覚を生じる「皮膚感覚異常症」は、どちらも精神疾患と考えられる。しかし、症状が皮膚に現れるため皮膚科を訪れる患者は多く、対応に難渋するケースも少なくない。皮膚科と心療内科を標榜するはしろクリニック(大阪市)院長の羽白誠氏は、両疾患の特徴および診療時の対応策について第63回日本心身医学会(6月25~26日)で解説した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  学会レポート »  皮膚寄生虫妄想の特徴と対応を解説