メニューを開く 検索

光免疫療法の新たな標的分子を確認

トリプルネガティブ乳がんへの臨床応用に期待

2022年06月30日 17:05

799名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 乳がん全体の20%を占めると言われるトリプルネガティブ乳がん(TNBC)は、再発率が高く、他のサブタイプの乳がんと比べて治療の選択肢が少ないのが現状だ。今回、関西医科大学光免疫医学研究所所長/特別教授の小林久隆氏は、2つのTNBC腫瘍モデルを用いた米国立衛生研究所(NIH)との共同研究において、光免疫療法の新規標的分子としてICAM-1を確認したとCancer Sci(2022年6月20日オンライン版)で発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  光免疫療法の新たな標的分子を確認