メニューを開く 検索

多発性硬化症の認知機能障害とQOL低下に相関

2022年06月30日 16:58

374名の医師が参考になったと回答 

 近年、多発性硬化症(MS)は疾患修飾薬(DMD)の登場で再発・進行抑制が可能となりつつある。一方、MSの主な症状の1つである認知機能障害は早期から認められるケースが多く、患者のQOLに多大な悪影響を及ぼすことが懸念されている。国立病院機構北海道医療センター臨床研究部部長の新野正明氏は第63回日本神経学会(5月18~21日)で、日本人MS患者における認知機能障害とQOL、疲労、抑うつとの関連について報告。「QOLおよび抑うつとの間に強い相関が認められた」と述べた。なお、結果の詳細はMult Scler Relat Disord(2022; 57: 103427)に掲載されている。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  多発性硬化症の認知機能障害とQOL低下に相関